伺水の雑記。

Androidの起動時フリーズ事件

 
この記事を書いている人 - WRITER -

伺水(@moto8an_shisui)です。 スマホはAndroidを使っています。たまに発生するAndroidのアップデートを行ったところ、起動のロゴが表示されたまま、先に進まなくなってしまいました。おそらくフリーズしてしまっていたのだと想いますが、いろいろ調べてみました。

フリーズ発生の経緯

Androidのバージョンアップでダウンロードされる容量は、大きいと1GBとか見たことがありますが、今回は100MBなかったと想います。なので、「これはすぐに終わるな」と想って開始したんです。想定の通り、ダウンロードもバージョンアップ処理もすぐに終わりました。

必要な処理が終わって、再起動されました。再起動すると、その起動時にAndroidのロゴが出て、起動中・・・みたいな感じでロゴの一部というか、右側の虹みたいになっている部分が、少しアニメーションで動いているんです。で、その状態で5分、、、10分、、、30分、一向にそこから進む様子がありません。

起動中?フリーズ状態?

まだ起動中ということなのだろうか!?ロゴの一部は動いている状態のままなので、一見するとフリーズしているようには見えません。最終的に約90分、様子を見ました。これはもう待っても進展はないな、ということで強制的に電源を切ることにしました。

ここで難しいと思ったのは、まだ起動している状態なのか、フリーズしてしまっているのかの判断です。結果的には強制的に電源を切って再起動したら、正常に立ち上がったので、フリーズしている、という判断は正解だったわけですが、バージョンアップからの最初の起動に(異様に)時間がかかっているだけの状態だったら、もしかしたら壊れていたかもしれません。パソコンでも同じことが言えるけど、何かが動いている途中で、強制的に電源を切るという行為は良くないです。

Androidで強制シャットダウンする方法

Androidの場合ですのでご注意を。やり方が、ちょっとこれは気づけないんじゃないか!?と想ったので載せておきます。

【電源ボタン・音量(+)ボタンの同時長押し】

電源ボタンだけでなく、音量(+)ボタンも同時に押さないといけないのは盲点でした。最初、どうにもうまく落ちないので、パソコンを開いて調べてようやく気づけました。

フリーズしてしまった原因

とりあえず解決したので良かったですが、残るのはなぜフリーズしてしまったのか?ということです。正確に判別するのは難しいですが、いろいろ調べてみました。

  1. 内部ストレージの容量が起因しているケース
  2. (一部の)アプリが起因しているケース

細かいことを言ってしまうと、もっといろいろありそうですが、大きいところではこの2点が原因になっている可能性が多いみたいです。簡単にまとめます。

①内部ストレージの容量が起因しているケース
単純に内部ストレージの容量が少ないことが問題です。Androidのアップデートとか、各アプリのアップデートとか、これらの処理を行う場合に一時的に(空き)容量が必要になります。極端な話、1MBも空きがない状態だと、アップデートの処理は一切できないことになります。

これはアップデート処理に限らず、アプリによっては、使うことで一時的なデータが溜まっていくもの(キャッシュ等)も多くあります。なので、空き容量があるということは、とても大切なことです。それはつまり、空き容量がない(少ない)と調子が悪くなってしまうということでもあります。

②(一部の)アプリが起因しているケース
アプリによっては、起動していないときでも、バックグラウンドで動いているものがあります。アプリの数や種類は、数えきれないほどたくさんあるので、いろいろなアプリを入れてしまうと、スマホが常に何らかのアプリで動いている状態になってしまいます。常にリソースをいっぱいいっぱい使っている状態になってしまうと、やっぱりそれは調子が悪くなってしまいます。

フリーズしてしまった原因(ぼくの場合)

ぼくの場合は、おそらく②です。いろいろなゲームを入れては消して、入れては消してを繰り返しているので、常にある一定のゲームアプリがある状態です。もちろん仕事で使うアプリや、アンチウイルス等のセキュリティのものもあるので、人より入っているアプリが多いかもしれません。

入っているアプリが多ければ、Android起動時に動き出すアプリ(スタートアップ)も多くなるでしょうから、フリーズしないまでも、起動が遅くなるという影響が出る可能性はあります。

そして、アプリを多く入れれば入れるほど、当然内部ストレージも圧迫するわけなので、①も関係してきてしまいますね(汗)内部ストレージの空き容量とアプリの入れすぎには注意しましょうというのが、今回調べたことでたどり着いた結論ですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

最新記事 - New Posts -

Copyright© 愚者の曲解~弐番館~ , 2019 All Rights Reserved.